Welcome Guest 
メインメニュー

2017年1月11日(水曜日)

「防弾少年団」の挑戦は果敢だった

カテゴリー: - maniasdd1 @ 16時21分20秒

舞台も、客席も、さらには画面を介して同時視聴した人も、すべて満足のいく240分であった。 全3部で構成され、4時間にぎゅっと満たされた「2016 MAMA」は、本授賞式前に行われた専門賞、画面と字幕で行われたベストアジアンアーティスト(6か国)などまで含めた30以上のトロフィーが国内外のアーティストに分配された。香港まで訪ねてきた国内アーティストの場合、帰る手が軽くないように。 maniasdvd.com」の「MAMA」攻勢は相変わらずだった。

「EXO」は、この日、ことしのアルバム賞をはじめ、ベストアジアンスタイル、男性グループ賞、そしてBAEK HYUN(ベクヒョン)がスジ(Miss A)と共にベストコラボレーション&ユニットのトロフィーまでなんと4冠王の栄誉に輝いた。さらに、4年連続での大賞受賞は歴代「MAMA」初となり、その意味を加えた。 「防弾少年団」の挑戦は果敢だった。恐ろしく浮上したグローバルアイドル「防弾少年団」はこの日、「ことしの歌手賞」をはじめ、ベストダンスパフォーマンス男性グループ賞を受賞して2冠王になった。初のタイトルを胸に抱いた「防弾少年団」のステージはこの日、燃え上がり、視線を集めた。拡大写真「2016 MAMA(Mnet Asian Music Awards)」(提供:OSEN) 「TWICE」は、香港で“ぱっと”咲いた。昨年の女性新人賞を受賞した「TWICE」は、1年ぶりに「ことしの歌」で大賞を受賞する快挙を成し遂げ、女性グループ賞まで加えてこの日2冠王を占めた。 「BLACKPINK」は不参加にもかかわらず、熱かった。

Next Generation Asian Artist賞と、「口笛」のベストミュージックビデオ賞を受けて2冠王となり目を引いた。特に得票数がひときわ高かった女性新人賞候補リストの紹介の際は、現場の熱い歓呼が海を渡って大陸からの「BLACKPINK」人気を実感させた。 「MAMA」の見どころは、明らかに豊かだった。通常の地上波授賞式と比較しても、クオリティは確実に上回った。常にMnetが強調する「単純な授賞式ではなく、お祭り」となるように作ったのは参加したアーティスト全員の努力だった。ここに力を加えたのは、キューブ形のステージと仮想現実まで動員した「MAMA」のスタッフの技術力だった。オープニングとイ?ジョクのステージで魅せた仮想現実は、現場よりも画面を通してさらに輝いていた。 ティンバランド(Timbaland)&エリック?ナム、「SEVENTEEN」&「GFRIEND」、ジコ(Block B)&Dean&Crushなど、容易に見ることができない魅力的なコラボレーションが「2016 MAMA」を豊かに満たした。

レジェンド級の海外アーティストが列をなした過去とは違って、最旬のウィズ?カリファ(Wiz Khalifa)やギャラント(Gallant)などが席を埋めた。「音楽の多様性と音楽ファン層を広げるために」というのがCJ E&M音楽事業部門新型管部門長の説明である。 イ?ジョクは「2016 MAMA」の結果を別の方法で作った。コ?サンジが演奏するバンドネオンの楽器の音にイ?ジョクの声が淡々と重なり、感動は倍になった。これこそ技術と感性がよく組み合わされた舞台という表現がぴったりだった。仮装現実が重ねて加えられた宇宙は「2016 MAMA」をユニークな空間へと案内した。 ユ?アインの落ち着いたナレーションで始まったBewhYのステージは素晴らしかった。 「Forever」を一人で歌い上げるBewhYの没入感は、彼を包んだ円形ホログラムと結合して感動を与えた。イルマの甘いピアノ演奏、そして再び重ね加えられたBewhYのラップは「2016 MAMA」の最高の舞台として挙げられるのに不足はなかった。 今年で8年目を迎えた「MAMA」は、CJ E&Mが主催するアジア音楽祭。

1999年Mnet「映像音楽大賞」として始まり、約10年の間、国内で開催され、2009年を基点に「MAMA」に変貌した。 2010年マカオをはじめ、2011年にシンガポール、2012年から2016年まで4年連続香港で開催された山口百恵 夜のヒットスタジオ DVD BOX。「Block B」テイル、ジコに続き「デュエット歌謡祭」出演│韓国音楽K-POP│韓国ドラマ?韓流ドラマ 韓国芸能ならワウコリア
MBCバラエティ番組「デュエット歌謡祭」に「Block B」テイルがジコ(ZICO)に続き出演する。[Preview] Duet song festival デュエット歌謡祭 予告- Ep 30 ジコ(Block B)はことし2月「デュエット歌謡祭」に出演し「ダイナミック?デュオ」の「告白」で女子高生パートナーと共に楽しいステージを披露した。 


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://izunotabi.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/1192

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

13 queries. 0.034 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Googleで伊豆の検索
カスタム検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
伊豆こよみ
前月2020年 8月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<今日>
XOOPS Cube PROJECT